沖縄市照屋公園でのパフォーマンスと風と朝と夜。と街歩き




沖縄市照屋公園でのパフォーマンスと風と朝と夜。と街歩き
(2013.8.18 / 8.25  コザ銀天街、黒人街、黒人街廃墟、照屋公園/沖縄)

アサヒ・アート・フェスティバル コザクロッシング2013 ターミナルライフ出品作


 


 

 『コザクロッシング2013 ターミナルライフ』の参加アーティストとして、
沖縄市コザに1か月間レジデンス(滞在制作)し、作品を発表。
 
 
『沖縄市コザの再発見』という視点を踏まえ制作。
会場の移動をしながら、街の景色もパフォーマンスも味わって頂くツアー型プログラム。




■ツアーの道のり

①総合案内所<銀天大学>

②第一会場<照屋公園にてパフォーマンス鑑賞>
http://apiece7works.blogspot.jp/p/blog-page_16.html

③第二会場<黒人廃墟にて風と朝と夜。鑑賞>
http://apiece7works.blogspot.jp/p/1-2013-201381-51-3-2013-httpwww.html

 



■総合案内所<銀天大学>から会場に向かう道の様子


会場に向かう道で、『風と朝と夜。』の出演者でもある照屋に住んでいたかまどおばぁが古き良き黒人街の歴史をお話しながらガイドを担当。
いままで共にツアーしていた人たちが第二会場では出演者として舞台に上がる。










■チラシ

日時:
8月18日(日)
17時30分 銀天大学 集合
18時15分 照屋公園 にて開演(途中で黒人街廃墟に移動)

8月25日(日)
17時30分 銀天大学 集合
18時15分 照屋公園 にて開演(途中で黒人街廃墟に移動)

※ 場所移動で街の景色なども味わって頂くプログラムです。
銀天大学から照屋公園まで向かう道で、かまどおばぁが黒人街の歴史をお話しながらガイドしてくれます。



■当日パンフレット記載内容



作品コメントとお楽しみ頂くために


 17時30分 銀天大学集合

 ※かまどおばぁの話を聞きながら町歩きをお楽しみください。

 18時15分 照屋公園パフォーマンス

 ここに私が初めて出会ったとき、ここはエイサーの練習場所でした。

そこには今を生きる人たちがいました。

 ※べストポジジョンは丘の上ですが、好きに動いてみてもらってOKです。
子供の声や風、環境音など、この場所の空気を感じてご鑑賞ください。

※終了後、集合がかかるので、ガイドの指示に従って、第2会場に移動ください。

 
18時40分頃 黒人街パフォーマンス

 この場と東京育ち東京生まれの尾花が初対面したときの感覚を再現することで、場を感じてもらえるような身体&空間作品。五感をフルに使って、お楽しみください。あたりまえとおもっている『今』をみつめるキッカケとなれば幸いです。


私ができることは、
今を生きることだけ。
今を感じて、過去を感じて。

 
※ガイドにの指示に従って、ご鑑賞ください。






ラジオにゲスト出演。

地方ラジオFMコザの番組『いざ!コザ!』にゲスト出演しました。
「なぜ黒人街でパフォーマンス作品を発表するのか?」 という問いかけにフリートーク。


 当日のUstream配信された録画映像は以下からご覧頂けます。http://www.ustream.tv/recorded/37329487






■沖縄レジデンス中に制作したその他の作品はこちら→
http://apiece7works.blogspot.jp/p/b-81717-music-dj-httpapiece7.html




『AAF2013報告会』に参加。

写真はその作品と活動の様子を話している様子。

 

 





当日のUstream配信された録画映像は以下からご覧頂けます。
http://m.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.ustream.tv%2Fchannel%2Faaf2013&h=iAQEUQVkR&s=1





                     works page